ホーム > スタッシュについて
 

スタッシュティー|スタッシュについて

スタッシュティーについて

The Stash Tea Company(スタッシュティーカンパニー)は、アメリカオレゴン州ポートランド郊外にある、世界各国のお茶とハーブを扱う会社です。スタッシュ社は、1972年に紅茶やハーブを自然食品店に提供する古いビクトリアンスタイルハウスでの販売からスタートしています。
1975年に「紅茶とハーブの専門店」として本格的に始動。レストランや通信販売を通して広めていき、次第に認知されるようになりました。

今日では、紅茶やハーブティー以外にも日本茶や烏龍茶なども販売をしており、多数のお茶を扱っている、アメリカ最大のティーカンパニーのひとつとされています。

そして、北米を中心に世界各国に製品を輸出し「伝統的なお茶」を世界に広めています。
スタッシュティーカンパニー

スタッシュのお茶

スタッシュの製品は、世界各国の名産から直接買い付けた最高級茶葉や香り高いハーブを厳選して使用しているのが特長です。アメリカ本土では、本拠地である西海岸を中心として大手のグローサリーストアーで販売されているスタッシュの製品。そして、数あるティーバッグ商品の中でもスタッシュは、デザイン性の高さで人々の目を惹きつけるとともに、リーズナブルな価格と品質の高さを両立することで多くのファンから愛され続けています。
スタッシュの製品
また、スタッシュの製品はクオリティの高さとデザイン性から、さまざまな賞を受賞しています。
食品の品評会「The Fine Beverage & Food Federation」にて、スタッシュ社のアールグレイとプレミアムエステイトアイスティーが「Award of Excellence」を受賞。
スタッシュの製品
パッケージの品評会「Beverage Packaging Global Design Awards」にて1998年、山本山のブランドネームで作られた製品のパッケージデザインに対して、銀賞を受賞。

同様に2001年、スタッシュのルースティパッケージ、2003年にはクリスマスシリーズのパッケージデザインが銀賞を受賞しています。

コンセプト

「STASH」の名前は、欧米の昔話に由来します。遙か昔、お茶が船によって大切に運ばれる貴重な品物だった頃、その輸送を担う船のキャプテンには各地から集められた最高級のお茶が、荷主から特別にプレゼントされていました。

キャプテンへ特別にプレゼントされていたお茶の数々は「STASH」と呼ばれ、キャプテンの愛用のお茶として大切に保管されていました。

現在でも、STASHという言葉は、貴重で特別なものを表す際に使われています。スタッシュの商品も皆様の「特別な愛用品」として今でも愛され続けています。
コンセプト

コンセプト

スタッシュティーカンパニーは山本山のグループ会社で、米国の事業会社として運営しています。ヤマモトヤマ・オブ・アメリカの工場でスタッシュのティーバッグ加工の委託を行ない始めた頃から同社との関係が強化され、現在ではグループ会社となっています。

扱っている商品や販売している場所は異なりますが、「お茶を楽しむ」という原点の商品作りを、お互いに心がけています。